間伐材活用の木製車両用防護柵ウッドGrは森林支援が開発テーマです。
お問い合わせ 協会員専用ページ 日本防護柵協会
ウッドGr-P型について施工例|施工方法|施工歩掛例形状・寸法図施工標準図衝突実験試験結果表

施工方法(事前開口式支柱建込工法)

鉄筋コンクリート支柱
鋼管
(1) 削孔、深さ検査(φ150-1700mm程度)
(2) 鉄筋コンクリート支柱挿入

鋼管打込み
パイプに丸太を入れて打込む事で土出しが少なくて済みます。
(3) 鉄筋コンクリート支柱高さ調整・孔詰め
(4) 連結金具取り付け

台座ブロック据付
鋼管及び台座ブロック施工完了
(5) 木材取り付け、Rナット締め付け
(6) 完成

注.1)

上記施工写真では、ダウンホール工法による施行例を示していますが、地盤が緩い場合、「綱管打 込み工法」を用いることも可能。

注.2)

支柱の高さ調整は、支柱打ち込み機により打ち込婿とで実施。(支柱を引き上げての調整は不可)